お寺ピラティス(テラピラ)


昨日はお寺でピラティスを行いました。

ピラティスとは、1920年代にドイツ人のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラテスという方が開発したエクササイズです。ストレッチをすることと共に、しなやかな筋肉を作ることが重要視され、筋肉を鍛えることで美しい姿勢を保つことができるようになったり、腰痛が治ったり、スタイルが良くなる効果があります。


インストラクターには、先日の大阪マラソンで7位に入賞された、松岡友美さんにお越しいただきました。自身もマラソンで怪我をされた時にピラティスに出会い、体幹の筋肉を強化することにより身体のバランスが良くなりマラソン時にも怪我をしなくなられたと、お話をして頂きました。


一つ一つ姿勢を取っていき、先生に確認をしてもらいながら行っていきます。あまり大きな動きをしないのですが、一つ一つの動きが体幹に効いて、普段あまり動かしていない筋肉に刺激を与えていきます。

終わったあと、皆さん隣同志で身体の歪みなどを確認したところ、明らかに最初とは違って正しい位置になっている事を実感しました。

ご参加の皆さんお疲れさまでした。
今後も定期的に行う予定ですので、またブログ等でご案内をさせて頂きます。






















関連記事

コメント

非公開コメント